株式会社久花園本店 〒421-2108 静岡県静岡市葵区下28 TEL:054-294-2833(代表)
FAX:054-294-0922
TOP>>商品一覧 >> 久花園の商品群
◆久花園の商品群◆
久花園の榊
久花園の「榊」は生産者が切ってから製品出荷までの時間が2日間。
お店についてから夏でも常温で15日、冬は30日も水落しません。(お店で水きりを行います。)
造り榊の特長は足が長く、お店で水切りをしてもサイズが極端に短くならない事です。

久花園グループでは「産直」の強みで各クライアントのご要望に対応しています。

例えば、
◇大(太巻) 長さ 1.5mモノ
◇中(普通) 長さ 80cm
◇中(中トロ)長さ 90cm
◇神主用榊 玉ぎし
◇材料榊 長さ 55cm ・長さ 45cm
◇「真榊」「ひさかき」両方とも扱っています。

◎ご要望があれば「八丈榊」八丈店とも連携でその地方独特の榊をお届けできます。
◎久花園の榊が出来るまでの工程はこちらです。
◎販売ルートはこちらです。 仕入れルートはこちらです。

久花園の 樒(しきみ)

線香の原料になる「しきみ」ですが、有毒植物です。

「しきみ」は仏前や墓前に供えます。
昔土葬にしていた頃、遺体を埋めた墓地を動物が掘って荒らしたため、これを防ぐために、 有毒植物である「しきみ」を供えることで動物を避ける役目をしました。
これが現在では墓地に「しきみ」を植える習慣となりました。

戦前では神葬祭の榊同様に祭壇の両側に供えられました。
中部、関西、四国などでは、花環の代わりに供花として用いられます。

花の名の由来は「悪しき実」
花ことばは弔意
久花園の 馬酔木 (あしび、あせび、あせぼ)
「 馬酔木」はアシビ 、アセボ、アセミなど地方によって読み方が違いますが、すべて同じものをさします。
馬が葉を食べるとその毒性から酔ったように足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれ、しだいに 変化して「あしび」そして「あせび」「あせぼ」となったといわれ、これが漢字の「馬酔木」の由来になります。


 

copyright Kyukaen All Reserved